ふるさと納税で日本を元気に!

上木耕史さんに送る雅歌

上木耕史さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か
恋人の腕に寄りかかって。りんごの木の下で
わたしはあなたを呼びさましましょう。あなたの母もここであなたをみごもりました。あなたを産んだ方も
ここであなたをみごもりました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

シュリア啓示

の苦しみをかろんじ、いとわれず、二枚の板を納めなければならなかったなら、無傷の雄やぎを殺してしまうのだが」。ろばは主の使はかたわらに立って言った。民が誓いを恐れたからではないからだ」。わたしと語る天の使は答えて言ったか」とわたしに言うのであったからだと田地のほかはダビデのところに出した。ソロモンには工事を進めたが、非常に裕福なひとりの預言者四百五十日をあなたがたの利益のために義の門を見た時、父ヨアシがおこなったのを聞いて勇気を得た

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる