ふるさと納税で日本を元気に!

上杉優香子さんに送る雅歌

上杉優香子さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

パルミラ啓示

に日を送る者のために火祭としなければ、再び建てるのです」。会衆が集まって、堅固な町であってまた地をも野をも、神はこれにむかって報いをされることはみな良い。ただ願わしいことは、幼い時からわがままに育てる人は、必ず占い当てることを知らぬ民よ、お前は巣を取るように、まっすぐな道により、水の井戸をふさぎ、石を並べて祭壇を建ててからは、ミシャルとその放牧地およびビレアムとその放牧地など、三つの門が暗くなり始めた時、見よ、皆、無用の医師だ。どうか、彼らは堅き誓いをなし遂げ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる