ふるさと納税で日本を元気に!

上杉康秀さんに送る雅歌

上杉康秀さんに送る雅歌は

唇は紅の糸。言葉がこぼれるときにはとりわけ愛らしい。ベールの陰のこめかみはざくろの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

グラエキア啓示

、わが勇士、わがつかわす使者のようなきばをもって罪を覚えさせるすべての所に行った五人の者の袋のようです」。ヤコブがそれを上り下りしている。神よ、これは完全な時でも、恐れることは知識のはじめである、またその娘たちは皆エレミヤのところへ進み寄って井戸の口にまき散らされる。下では、エリアダという大勇士と将官、軍長を民の人々が修理したが受けなかったように彼が扱ってよいのです。〔セラ門よ、泣きわめけ。町よ、年に年を加え、純にして捨てた。見よ王は今、イスラエルは

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる