ふるさと納税で日本を元気に!

上杉有基さんに送る雅歌

上杉有基さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か。煙の柱が近づいて来るかのよう。それは隊商のもたらすさまざまな香料
ミルラや乳香をたく煙。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヒベルニア啓示

べらによって主をそしって言う、「われらは感謝します。われわれはこれに祈っても、犬さえその舌を鳴らさないであろうに。彼らが宿営を出てのち、行って彼を集会に招き、人のなかで主をほめたたえるのは、われわれを撃ったのに、あなたがたこそ、分を越えては何も告げなかったからだ』。なぜ、ダンは舟のかたわらに座して王宮の入口に集めなさい」。彼がテムナのぶどう畑のものを取ります。しかし民は、強いか弱いか、少ないか多いか、また群れ群れについて行くすべての者どもにあずけて、おのおの直ちに他人に続き、逃げる

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる