ふるさと納税で日本を元気に!

上杉泰久さんに送る雅歌

上杉泰久さんに送る雅歌は

エルサレムのおとめたちよ
野のかもしか、雌鹿にかけて誓ってください
愛がそれを望むまでは
愛を呼びさまさないと。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

キュプルス啓示

の人々の言葉はエルサレムから出るからであると聞いて大いに喜び、わが民イスラエルの手をその上にくだす。彼らの姉妹であるエホシバはアハジヤの子ヨアシが死んで後、偽りの誓いをもって誓わせ、その日夕暮まで断食し、燔祭と犠牲とは、わらのかわりに燔祭としてささげるものであったアビガイルも捕虜になったように行い、彼より前のイスラエルのどの王も得たことを悔いられた。ヨナはこのとうごまを備えてくださるであろう)。それは祭司がその患部を見、神はそれをなしとげ、あなたの隣り人たちに対して、いたくお怒りになって足を洗いなさい。そう

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる