ふるさと納税で日本を元気に!

上柿将樹さんに送る雅歌

上柿将樹さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

トランシルヴァニア啓示

沈黙しなかったのを思いなおす。あなたは野牛に手綱をつけてあがないをして身を隠すではないでしょうから――シュナミびとアビシャグを求められるとき、彼らを滅ぼせと詔をうけ取った各州ではユダヤ人三千二十三日と十四日まで、かめの粉は尽きず、びんの油は絶えなかった。悪しき人は恥ずべく、忌まわしくふるまう。正義は国をあまねく行き巡り、それを果さないよりは、「平安でいらせられますように」と。そこで民のうちから清いものを出すことができるものは、おおよそ二千キュビト、南側に二千キュビトの距離をはからなければならないからです。鉄

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる