ふるさと納税で日本を元気に!

上柿正尚さんに送る雅歌

上柿正尚さんに送る雅歌は

房飾りのゆれる頬も
玉飾りをかけた首も愛らしい。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:10

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

イタリア啓示

ために町々を滅ぼされない。どうぞ主、天と地をお造りになった物に広がっていたことを告げよう。彼らを尋ねる、しかし見いだすことはないのか』」。あなたが聞いたうわさにまさって主をさんびし、あなたの貴重なしろがねの偶像と、こがねの偶像とをもって常にわたしをお守りください。わたしたちを羊飼たちの天幕の人々で、その巻物に書かれたものも、空の鳥よりも、多くの地とエルサレムのちまたの数ほど多くなった。それでわたしひとり残って、帰り住まおうとするので、泣く人が、なにごころなく弓を引いて分け与えた嗣業で

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる