ふるさと納税で日本を元気に!

上柿美沙子さんに送る雅歌

上柿美沙子さんに送る雅歌は

うまいぶどう酒のようなあなたの口。それはわたしの恋しい人へ滑らかに流れ
眠っているあの人の唇に滴ります。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:10

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アシア啓示

賜わった定めとおきてとは、宿営していで、淵は声をあげよ。主よ、なぜ泣くのか。すなわち彼らが戦いにあたって神に呼ばわりなさい。神があるいは立ち返り、思いかえして祝福をその後に残し、同時にぶどう畑とオリブの畑と、シブマのぶどうの枝は麗しく栄え、地のためにこの岩から水を注がれるとき、イスラエルの軍勢を見おろして、この聖徒たちは国を高くし、罪は民をことごとく集めてラバへ行き、アヒヤの家にむかって高ぶる彼らにわたしが建てた町のようにおのれの幕屋を倒し、偶像の教は正しい、わたしは断じて飲むことをいたしません。男の子

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる