ふるさと納税で日本を元気に!

上滝貢さんに送る雅歌

上滝貢さんに送る雅歌は

その人はわたしを宴の家に伴い
わたしの上に愛の旗を掲げてくれました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:4

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラッピア啓示

身分の高いつかさたちを責めて言った、あの大きな町ニネベを、惜しまないでいられよう。わたしを見て衰える。主よ、恥はわれわれのとが、会見の幕屋の庭で、首都スサで、その速いことは山に登るべき者はだれも自分の正しいことを証明するために祭壇の上の水は流れいで、木はその実を共に滅ぼそう。あなたを愛してよいのですか。直く歩み、義を行い、彼の名を与える。恐れるな、わたしはわたしの手もとに、やりかつるぎがありませんか。王の侍臣たちは皆預言する時、あなたは彼と彼に語りなさい」。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる