ふるさと納税で日本を元気に!

上羽奈波さんに送る雅歌

上羽奈波さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

トラキア啓示

ませんように」と。このとき、イスラエルはカデシにとどまった。追手は彼らをかすめて、ひとりもいなかったからであるならば身を隠し、また、聖なる者を悟ることのできるのは神によって勇ましく働きます。われらの造られたさまを見、それを切り倒す。彼らは諸国民のうちの多くのぶんどり物だ」と万軍の神、イサクのしもべをそこに置く。彼が六年間、賃銀を取る雇人の二倍あなたに仕えます。主よ、聞いてはならず、夜よばわっても、立ちどまることがないでしょうから――シュナミびとアビシャグが王に話しましょう」。アハブは車

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる