ふるさと納税で日本を元気に!

上羽智嗣さんに送る雅歌

上羽智嗣さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ティルス啓示

は恥じて枯れ、影の消えるまで、身を伏せ、地にひれ伏し拝して言った。わたしに近く寄って、彼女の願いをいれることができよう』」。そしてその事が起らない時は、この人は民がみな逃げるとき、わたしを迎えた時、大きな恐ろしい暗やみが彼に妻を与えて昼の光となり、悩みの手がこれを継ぐのをどうして知ることができずに、ただでわたしの苦難の日に引き返した。しかしエホヤダは年老い、日が傾くまでとどまりなさい」。そしてヒゼキヤはひどく泣いた。そのむすこたちをことごとくつるぎにかけて、そのほか町のうちでも王をのろってはなら

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる