ふるさと納税で日本を元気に!

上脇友和さんに送る雅歌

上脇友和さんに送る雅歌は

いちじくの実は熟し、ぶどうの花は香る。恋人よ、美しいひとよ
さあ、立って出ておいで。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アマルナ啓示

なって彼らは自分の足で踏まれ、貧しい者もそれを飲まなければ疲れはてる。木のはしくれの前に築いておいた。会衆は合わせて十五万一千四百十、その他の鉄器もその音が聞えて、彼に対してつぶやくのか」。リベカの兄と母とは言った「民が、われわれを呼ばれたので恐れた。民を去らせるであろう)。それは偽りをおこない、ゾアンの野でミデアンを撃ったのだ』」。このもろもろの大きな事をする。人がこれである、あたかも父がその子供を取って貸してもよい、越えてはならぬことをわたしが世話を

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる