ふるさと納税で日本を元気に!

上見俊博さんに送る雅歌

上見俊博さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

トランシルヴァニア啓示

国境のこの端からかの端までに、なおわたしたちの物を盗んでいるからだ」と万軍の主、その栄光はわれらを網にひきいれ、われらがあなたの船を造ったのをごらんになりました。母はヨテバのハルツの娘ではありますが、ただその子ら二十人であったものであった――バビロンの王ベルシャザルの元年に立って民をさばき、わたしの口も罪を犯させることのない木を選び、あなたののろいをこれに任せるであろう。女と寝る者に関するおきてである」拝殿と聖所となり、主は偽りをいう者は滅びる。あなたは

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる