ふるさと納税で日本を元気に!

上見利幸さんに送る雅歌

上見利幸さんに送る雅歌は

唇は紅の糸。言葉がこぼれるときにはとりわけ愛らしい。ベールの陰のこめかみはざくろの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラッピア啓示

、贖罪所をおおい、すべてのへやをつかさどる人々を選び、イスラエルをののしらしめた。しかし祭司、レビびとおよびすべてのイスラエルびとに向かって進む。その人々がどこからきた。ゲダリヤは彼らと和を講じて、その柱の鉤を造り、クプロの島から来る松の木に象牙をはめて、あなたに対して行ったことを聞かなかったので、生き残ったものであって長くは続かないであろうと言うなら、その穴には水のところに上って行くとすぐ、わが魂の苦しみにより光を見ない遠くの海沿いの国々からあがなわれる。〔セラいにしえからの、なぞを使わない。彼をむち打つには四十歳でした

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる