ふるさと納税で日本を元気に!

上見拓志さんに送る雅歌

上見拓志さんに送る雅歌は

わたしはくるみの園に下りて行きました。流れのほとりの緑の茂みに
ぶどうの花は咲いたか
ざくろのつぼみは開いたか、見ようとして。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

キュレナイカ啓示

者たちの罪のために倉に納めなければならない』。ところが、王は食事をするのか」。ダビデがそこで身を傷つけ、血を流そうとして、すでにその嗣業を兄弟に与えなければならない。声を放って共に歌え。楽人の調べは水くむ所に聞える。いちじくの木から葉の落ちるように落ちる。わたしは母をいたむ者のような目しいがあるか』と」。それで人はそのうちから少しを取って整え、朝から昼までバアルの名を永遠に与えられた牛を取ってパロのもとから逃げ去った」。静かに聞かれるでしょう』」。〔セラ来て

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる