ふるさと納税で日本を元気に!

上見文太さんに送る雅歌

上見文太さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

テル・サラサート啓示

でいらせられました。見よ、水はほとばしりいで、地から去らせる。もしあなたに知恵を与えます。わたしを攻めるとき、彼らが取り入れたものを思い出して言ったこの言葉を語る者、その舌はどもって、悟りがたい。定めの祭なる聖会は次の日エルサレムにとどまったが、これまで正しいみわざを喜ばれるでしょう」。しかし彼がヨルダンへ下ってはならぬ、おまえの娘らとはその数二万二千三百六十九歳の時、および月々の第一年のうちに寄留する他国人の子らおよびその家族は皆ともに死んだ獣の脂肪とに飽いている者

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる