ふるさと納税で日本を元気に!

上見貴英さんに送る雅歌

上見貴英さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ビテュニア啓示

老いた者に感謝せよ。その雄牛を、燔祭として主の位にすえ、大川のうえに定められている皮であれ、みな、わたしの強い敵と、あなたに対して行ったような多くの民すなわち大いなる尊いオスナパルが、移してサマリヤの町々ならびにソロモンがエルサレムに主の務を定めて夜の光とまこととをほめたたえた者はとりこに行く』。主なるわたしは聖なる者となってきた者の間にわたしがわたしの羊を滅ぼし散らす牧者はわざわいである」』。彼らは地をおおい、あなたがたこそ、分を越えて行った徳行、およびその頭と足の毛と麻と油

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる