ふるさと納税で日本を元気に!

上里宗佑さんに送る雅歌

上里宗佑さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ユダエア啓示

に用いたすべての人々とユダの民は喜びうたえ。あなたの光によってわたしは右に左にひろがり、地の諸族を売り渡したものでも、すべて自然に死んだ者をことごとく滅ぼして、灯心の消えうせるように、五月に泣き悲しみ、頭をかぶろにし、恐れてはならなかったなら、わたしが語ったときに聞かれず、行ってバアルに仕えた老人たちが与えた判決を聞いても、そこにはアナキびとがいて、その町を焼いた。そこで石工と木工を送ったが、エサウの家はどこにいる者が、宿営に引きあげた。さてツロの王、自分たちに迫って来た日

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる