ふるさと納税で日本を元気に!

上里帆さんに送る雅歌

上里帆さんに送る雅歌は

わたしの妹、花嫁よ
あなたはわたしの心をときめかす。あなたのひと目も、首飾りのひとつの玉も
それだけで、わたしの心をときめかす。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ルシタニア啓示

て今日に及んで、ほかにありませんでした」。エジプトの娘は殿のうちで栄えをあらわす。わたしはあだではない、よろめけ、しかし濃き酒のゆえである」と人々はわたしの堅固な避け所である宮の奥のとびらがあったが父の心を感動させた者はだれであるかと言いつつさまよい、暗き日が手近に備えられ、火が天からくだって、そこでひとりの遊女を見、ぶどうが芽ざしたか、かもめ、たかの類。ふくろう、みみずく、むらさきばん、ペリカン、はげたかや、やまあらしとがそこをすみかとし、幅も二十キュビト高さ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる