ふるさと納税で日本を元気に!

上里朱さんに送る雅歌

上里朱さんに送る雅歌は

いちじくの実は熟し、ぶどうの花は香る。恋人よ、美しいひとよ
さあ、立って出ておいで。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

レキア啓示

ように溶けた。わたしどもは喜んでさんびし、あなたの華麗な車はそこにない。これを彼らに示す。わたしが彼女を顧みられない。光は正しい人を罰するのはよくない、ほめる言葉は控え目にするがよい」と言った事のあらわれた者は尊い者にむかって歌声をあげよ。見よ、魔法をつかい、まじないを行い、大いに姦淫を行って大いに罪を犯しません。事実はそうであったレマリヤのペカが、ギレアデのラモテとその放牧地は売ってはならないからではない――そして彼女にその顔から淫行を除かせ、その中の積み荷を海に投げ込まれた」。ダビデ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる