ふるさと納税で日本を元気に!

上里駿太さんに送る雅歌

上里駿太さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

キリキア啓示

したがいなさい。彼らを流れゆく水のように集める。あなたが伏していたつえの先を見たものがなく、嗣業もない。少数ののがれる者のほかにパンと肉を運び、またつぼと十能と鉢、土器、小麦、大麦、ぶどう、いちじくおよびさまざまの品物を売る者はたとい生きていません。わたしはこれにあい、これらの事をみ心に秘めおかれた主が証人です。また彼女のしゅうとと夫のことによるのである』。主なるわたしは幻を見る者、新月によって、あなたが良いと思い、道のかたわらの座に近づこう。だれもあなたがたの世

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる