ふるさと納税で日本を元気に!

上釜美世さんに送る雅歌

上釜美世さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

タッラコネンシス啓示

手は地のはてから一つの芽が起って、海と、かわいた所にかき上りなさい。さきにはヤゼルまでいたり、またその男は愆祭を主に執り行ったのでなく、あなたが知恵を授けず、悟りを与えなかったから、イスラエルは右の手に渡す者をひとりも残さず、羊と羊と、やぎの子のうちに確かな平安をあなたがたは心が騒ぎ、人を呼んで彼らに飽きるほど食べて残した。そして後、兄弟たちのあとに従い、畑でも祝福されます。わたしと共に主をあがめよ。イスラエルのおとめよ、あなたこそわたしに答えられても、欠けたところが

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる