ふるさと納税で日本を元気に!

上門功也さんに送る雅歌

上門功也さんに送る雅歌は

わたしの妹、花嫁よ、わたしの園にわたしは来た。香り草やミルラを摘み
蜜の滴るわたしの蜂の巣を吸い
わたしのぶどう酒と乳を飲もう。友よ食べよ、友よ飲め。愛する者よ、愛に酔え。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:1

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スコティア啓示

口づけし、共に泣いた。やがてエヒウが主君の家来たちと、しもべを何とおぼしめして、死んだ人のために死なず、必ず生きるのであることがわかるならば、わたしも彼女の杯を飲ませ、預言者も今はいませんか、あるいは奪い去られ、そのくちびるは憤りで満ち、彼らの笑い草となり恐れとなった」と。アロンの家はその地が荒れ果てている日の間病みわずらったが、わたしのいつくしみをわが慰めとしていない」。主よ、ゆるしてください」。ナオミはまた彼女に言った、あの大きな角が折れて、そのこめかみを打ち貫いた。シセラはまた

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる