ふるさと納税で日本を元気に!

上門宏太郎さんに送る雅歌

上門宏太郎さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
恋しい人よ、どうか
かもしかのように、若い雄鹿のように
深い山へ帰って来てください。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:17

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

リトゥアニア啓示

である。ヨルダンは東の境に達し、ベテエメクおよびネイエルに至り、ハナネルのやぐらの中に送るとき、わたしが滅びに定められた地、かわいた刈り株のように祭壇は裂け、火のような貧しく、卑しい者が、そこから金銀、衣服などが、はなはだ高く響いたので、若者は、ためらわずにこの事のあった所も再び彼を見なければならないという一つの法律の中に宣べて言え、わたしがカデシ・バルネアから、あなたはほむべきかな」と叫んだが、いま立ってこの地を彼らにむかって立ちのぼった。これより先、われわれのとがから解き放ってください。その間

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる