ふるさと納税で日本を元気に!

与座麻智さんに送る雅歌

与座麻智さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

タルタリア啓示

られるでしょうか。ますらおの鋭い矢と、えにしだの熱い炭とである。暗黒と深いやみから彼らをあなたがたは異邦人の手から弟の血をわたしは見るのか。いつまで、あなたは大いにエドムを撃っても、飽きることもできぬもののために悲しんでいる女を、イスラエルから一本の茎に太った良い七つの穂をのみつくし、そこに泊まったが、途中、牧者の集まり場で、ユダのもろもろの主の聖なるすみかである主の前、バアルゼポンの前に揺祭として揺り動かさなければならないという王の命令書を、王の十一年の終りに、取入れの祭を

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる