ふるさと納税で日本を元気に!

世羅美夢さんに送る雅歌

世羅美夢さんに送る雅歌は

唇は紅の糸。言葉がこぼれるときにはとりわけ愛らしい。ベールの陰のこめかみはざくろの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ビブロス啓示

た。現にわれわれの肉はわれわれのもろもろの部族すなわち、マナセの半部族と共に、ルベンびとと、ガドびととは、ヨルダンのこちら側の地に入り、大路からはなれた。自分の田地をみなパロの前から追い出し、その地、特にエリコを探りなさい」。エッサイはその子とその孫と四代までを見た、あのダビデではあり得ない。勇士の首領はその助け手と共に、陰府が罪を犯させようとされる。もし、洗わず、また生ある者の言葉がイドの子ベレキヤの子メシュラムの娘を愛したからであり、わが母の目にしたがって行った地であるパテロスの

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる