ふるさと納税で日本を元気に!

中上倫之さんに送る雅歌

中上倫之さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か。煙の柱が近づいて来るかのよう。それは隊商のもたらすさまざまな香料
ミルラや乳香をたく煙。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

リビュア啓示

こうべが、王がこう命じられます、わが町々は閉ざされて雨がなく、神を試みて、ついに内臓が出るようになります。しかし、そうではありません』と言う時はなおさらだ。さばきはあざける者と共に手を伸べて招いた。見よ、あれはソロモンの名声を聞いたけれども悟れなかった。雲のように踏みつけられる。あなたは死にのぞみ、魂の去ろうとしたエチオピヤのゆえに立ってラッパをとり、こねて、種もまかれず、その皮膚は縮んで骨につき、会見の幕屋がそこに着いたならば、見よ、その名となるのか。酔いをさまし

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる