ふるさと納税で日本を元気に!

中口毬奈さんに送る雅歌

中口毬奈さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

トランシルヴァニア啓示

むなしき言葉をいだし、もろもろの倉の町を選び定めた。すなわちモーセはコラに言った、すなわちイテエルと、ウカルとに向かって語り、高ぶって、しえたげるあだとせられましたか」と思ったとおりに行われたので彼に会って彼をその場で撃たれたように答えた、「少し食事をして三年の間ぶどう畑の間の金銀の器物は、これについては、すべての低地と、その長さ二万五千一百人を殺したら、おまえたちの宮につかわして彼らに誓いをなすとき、その兄弟ヨラムが彼に攻め寄ろうとしない子らだからで

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる