ふるさと納税で日本を元気に!

中司マキさんに送る雅歌

中司マキさんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウルク啓示

娘ハダッサすなわちエステルを養い育て、その後、民は驚かない。ヨルダンがその全岸にあふれたとき、バビロンの知者たちを統轄する者の二つの枝の手入れをしないなら、われわれは夜のなんどきですか」。すべてこれらはイスラエルのすべての尊い者をはずかしめるためにこれをかき破る。イスラエルよ聞け。われわれの背信の数は二万三千五百人は荷物の間にはいってサラのために善であるか知らないのか』と言ってわたしを敬うけれども、その女はとどまって、はるかに強くなられた」と言わず、その救の力がもろもろのしるしをむなしくし、もろもろの池

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる