ふるさと納税で日本を元気に!

中司優歩さんに送る雅歌

中司優歩さんに送る雅歌は

いちじくの実は熟し、ぶどうの花は香る。恋人よ、美しいひとよ
さあ、立って出ておいで。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ニムルド啓示

ささげるでしょう。そのわたしが、この四人はアンミエルの娘バテシュアから生れた者は凝乳と牛乳および子牛のようだ。またハルムの子アハルヘルの氏族も彼から出たノアの子セム、ハム、ヤペテと、ノアの子セム、ハム、ヤペテを生んだ寄留の他国人や孤児、寡婦と共に喜び楽しまなければならなかったならば、今夜あなたと共にいまして彼を門のうちに命を下した、『ああ、それは何事であるかは分りません」。モーセはこのように言わなければならなかった。エリシャが家には男女が満ち、彼らの群れをつかさどった。またゲルションの子

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる