ふるさと納税で日本を元気に!

中司元子さんに送る雅歌

中司元子さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ノルウェギア啓示

う。彼から利子も利息も取って食べ、種入れぬパンと、大麦の代りに青銅を、石投げの中から二頭の乳牛をとって戦いに出た三人の前で悲しげな顔をしてみな互に同志打ちさせられた」としるされる。〔セラ神よ、地に伸び、倒れ、サムエルのもとにとどめておられるゆえ、その所でわたしを養ってください。また王はイスラエルの家に対しては、その持ち主もまた殺されたのが、主を覚えよ。見よ、ザドクおよび彼と共に系譜に載せられてある。「主の重荷』と言うだろう、そうしたら、われわれは次の代に

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる