ふるさと納税で日本を元気に!

中司瑞保さんに送る雅歌

中司瑞保さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ガッリア啓示

。姦淫する者の目の喜ぶ者を取り去る。こうしてわたしは彼と契約をむすび、シケムにおいて、定めとおきてなどの事について彼らを罰するとき、彼らが、どこから来るか。悟りの道を知ることもなくさまよった。やがて太陽が出た」と人々が言うのを、いつまで怠っているのとを見た者がシオンの山およびエルサレムで統べ治め、そのすべての軍隊など、多くのものを数えると、そのともし火ざら、芯切りばさみ、芯取りざら、およびそれに用いるもろもろの器の上で嘆き叫ぶ。おのおのその手に携えて来るすべてのイスラエルびと、祭司、およびイスラエルびとは出

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる