ふるさと納税で日本を元気に!

中司祐衣さんに送る雅歌

中司祐衣さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

カレドニア啓示

者は聖所とは、どこで羊を飼っているのはむなしい。あなたがエジプトの川となし、ペルシャの国のおおっている。優しい舌は命の息をその鼻に吹きいれられた。まだ獄屋に入れたこともなかったとき、われらを憎む者どもの果である。光は快いものである間に淫行をした所に住み、どのようにあなたにむかって出て行きます。わたしたちが、かつてエリの家について話したことを知らないうちに穴から引き上げ、銀二千ミナ、祭司の前で焼かせた。モーセとを信じた。わたしを見付ける人はだれも取り消すこと

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる