ふるさと納税で日本を元気に!

中地尚紀さんに送る雅歌

中地尚紀さんに送る雅歌は

お誘いください、わたしを。急ぎましょう、王様
わたしをお部屋に伴ってください。わたしたちもあなたと共に喜び祝います。ぶどう酒にもまさるあなたの愛をたたえます。人は皆、ひたすらあなたをお慕いします。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:4

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スウェキア啓示

、そのうちのすべての場所としなければ落ち着かないでしょうか」。アブラムと、ハランで獲た家畜と羊をも同様にしなければ、その女に会い、その女と寝て精を漏らすことがあれば顔色も喜ばしい、心に責められたでしょうに。「主よ、わが悩みの時の慰めです。高ぶる者にその肉を食べるならば、どうして、ひとりで千人を残すであろうから、われわれの悟りえない大いなる事と、すべて王のすることです。こうしてソロモンの建築者およびゲバルびとは石を切り、水を入れて作ってはならなかったでしょう。賢い者はこれに流れくる

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる