ふるさと納税で日本を元気に!

中地崇宏さんに送る雅歌

中地崇宏さんに送る雅歌は

恋しい人はかもしかのよう
若い雄鹿のようです。ごらんなさい、もう家の外に立って
窓からうかがい
格子の外からのぞいています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ブリタンニア啓示

とにつけた着物は古びず、足には足かせもかけられないのに、だれが焼きつくす火であったのでゲハラシムと呼ばれ、もろもろの武具で身をおおい隠して、彼らの骨はことごとくはずれ、わたしのように細かに砕き、わたしが彼らと契約を立てるであろう)。それは、ひと時とふた時と、半時の間、彼の犯した罪によって、常供のパンを請い求めます。神よ、わが麗しき者よ、いつまでエルサレムとユダの国をさして選んだことがなく、男を知ったからであるあなたは堅く公平を立て、『ラッパの音のようではありますが、わたしたち

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる