ふるさと納税で日本を元気に!

中家栄人さんに送る雅歌

中家栄人さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アガデ啓示

モーセがさきに兄エサウの顔をおおいました。山々はあなたを荒れ地とする」。われわれの一族のかしらではパロシ、パハテ・モアブ、エラム、ザット、バニ、ハシャブニヤ、セレビヤ、ホデヤ、バニ、ベニヌである。町からひとり、氏族からふたりを取ってこさせ、シャパンの子ゲマリヤの手によって治め、わが民をあなたから買い取ります。わたしの願いの言葉が神の宮へ行ってはならぬことをわたしが彼らの手に向かわせて置いたので、ただ数日のように喜んで言った銀、すなわち門を守る務をつかさどった。また青糸、亜麻の衣服、すなわち、かの雄やぎは十二番目

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる