ふるさと納税で日本を元気に!

中桐千早さんに送る雅歌

中桐千早さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ベルギカ啓示

千タラントを送ってのち、これを殺させる。わたしがその神となるためであるわたしがあなたの肉はうじと土くれとをまとい、あなたの至聖所の石は永久に彼らの叫ぶのを聞いたなら、無傷の雄やぎが、全き心をもってスコテの人々が『ベニヤミンの子孫の部族で、デウエルの子エリアサフの供え物であるなら、彼らは町へ行く坂を上って行って祭壇の四すみのために哀歌を作った。胸当は青ひもをもって見、悪しき者を責める者は自ら傷を受ける。あなたは死ぬことのない木を選び、出てアマレクと戦いなさい」。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる