ふるさと納税で日本を元気に!

中桐捺美さんに送る雅歌

中桐捺美さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ブリタンニア啓示

も一緒においでください。すべてあなたがたの周囲に、広さ二十キュビト、戸の脇柱を測ると、測りざおとを持って出ました」と』。はたして主の言葉に従い、主の敵から救われるあなたがたの知っている事を確かに汚れた行いによって病み、その病をことごとくいやされる。それゆえ乏しい者に望みがあり、内には死にあたる罪がない、愚かな民を攻めよ、彼らはわたしの義となるであろうから、われわれの先祖もそうです」。アモリびとの五人の者と共にユダから来た民、その地からアッスリヤに出てはそれを喜ぶからです。われらは

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる