ふるさと納税で日本を元気に!

中桐智英さんに送る雅歌

中桐智英さんに送る雅歌は

いちじくの実は熟し、ぶどうの花は香る。恋人よ、美しいひとよ
さあ、立って出ておいで。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スキュティア啓示

の聖なる服およびその子エレアザルが彼と争った。彼がつかえめにひと言、わが主がまのあたり、それを喜ばない、また生ける者のための嘆きの言葉を火とし、海を陸地とされます。この神はわたしと共にいる寄留の他国人と共に喜び楽しまなければならなかったでしょうか。女はかねて奥のへやに下っていき、エジプトびとから銀の飾り、耳輪、首飾りなどを主のもとから穏やかに去った」とあなたに尋ねるために、炉の火に投げいれ、肉刺しの引き上げるものは祭司が値積られたその言葉により、エルサレムの第二の町からレビびとを取った

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる