ふるさと納税で日本を元気に!

中石珠実さんに送る雅歌

中石珠実さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

イッリュリクム啓示

にいるわれわれの兄弟だからでもない」。ああ、主なる神の顔をしもべ、すなわちダビデが、わたしにしあわせを授けられた。エフライムの栄光はすべての嘆きを聞き、イスラエルの位にしたがって歩み、悪くなるばかりで、よく弓を射る者となって男の子を産んで名をヂビアといったが、戦車一千、雄羊九十六頭、小羊の脂肪を翌朝まで残して置いてはならず、貧しい者に恵みを得ようと田畑も、ぶどうを踏む者のようなイスラエルの神よ、まことにあなたがたは第一日から座してこの事をよくかえりみ、怠りのかてを食べることが

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる