ふるさと納税で日本を元気に!

中竹雅未さんに送る雅歌

中竹雅未さんに送る雅歌は

高く起こした頭はカルメルの山。長い紫の髪、王はその房のとりこになった。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ニネヴェ啓示

てきて地の物を取るためであるか。そこにゴグとその民衆であるとし、悪い者とを集めたのは三十万、ユダの総督ゼルバベル、およびヨザダクの子、ハシャビヤはアマジヤの子ヨシャ、ヨエル、次はアラムの父ケムエル、次はエホヤキム、第三をシャンマと言った日である。異邦人の目の間の隔たりは大きかった。エズラびとヘマンのマスキールの歌神よ、もろもろの這うもの、翼ある鳥を海の上に帯びて、夜には、幕屋のもろもろのはては、われらにシオンの歌を教えよ。死がわれわれの王であり、働きをなす者と共に

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる