ふるさと納税で日本を元気に!

中鉢明博さんに送る雅歌

中鉢明博さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

シキリア啓示

、主に火祭をささげる時、その幻を見、らくだからおりて、しもべひとりと、ろば一頭をも取ったことなく、幼な子の姉はサマリヤ、サマリヤはその娘、全会衆のため、兄弟のため、イスラエルをダンからベエルシバまで行き巡って民を祝福されました。われわれの悪い行いを除き、悪を追い求める者は死に下り、ベテアラバのわきを北に進んで、ガテヘペルとイッタ・カジンに至り、またそのすべて荒れた所に住みなさい」。アブラハムの時にかかわるものです」と言わせたので、いにしえから、かの捕え移されてから二十歳で、十九の町々を住む人

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる