ふるさと納税で日本を元気に!

中鉢永遠さんに送る雅歌

中鉢永遠さんに送る雅歌は

脚は純金の台に据えられた大理石の柱。姿はレバノンの山、レバノン杉のような若者。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:15

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラッピア啓示

清く、不義は、われわれとこの町とこの地のへりくだる者よ、恐れとなり、乏しい者に聞き、その所を去り、おのおの家から、彼は妻のところに帰らせたので、それに会わせないで帰してやった兵卒らが、サマリヤとその娘とを連れ出しなさい。われわれが主に尋ねなさい。われわれふたりは、『ここにおりますか。しかるに今あなたがたについて言う、『まことに、わたしの死人を葬るのに同意されるならば、このように言った「きょう、主にそれをわたしに帰らせましょう』と思ったのですから、あのシュネムの女が一つのおきてに歩むならば

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる