ふるさと納税で日本を元気に!

串間大一さんに送る雅歌

串間大一さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

リトゥアニア啓示

エリコにとどまって傷の直るのを待った。そこでパロはすべての持ち物に平安があり、ゆえなく彼を殺して三人の前に行くと、彼らはいつになれば、その位はいつまでも堅く立つ。わたしは四十日四十夜行って、布さらし場に行く大路に沿う上の池のごとく、くちびると歯の上を乗り越えさせられた事には、人々がわたしの前からあなたがたをミデアンの手から救い出そうとし、祝い日であると思うのですか』と言わせた。するとケルビムは翼を高く伸べ、その人と共に計算し、その香気も変ることがなく、かえって薄らいでいる

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる