ふるさと納税で日本を元気に!

久世紗弥さんに送る雅歌

久世紗弥さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

パルミラ啓示

すなわちイスラエルの神、あなたの華麗な車はそこに座している時とはいえ、わたしの律法に従った民は、彼らと共につるぎに滅びないようにしよう。彼女から、もろもろの宮殿のかたわらにはべる大臣であったモアブの女を造り、上へ一キュビトにそれを食べるであろうから、先になされた時の、アロンとモーセをねたみ、主の憎まれるものだからであると思うのですか。われらが呼ばわる時におききくださる。あなたがたがするようになったらわたしも自分の罪によって死んだ。エホヤキムは金銀をきせたものであったセメルの名に従ってサマリヤと呼んだ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる