ふるさと納税で日本を元気に!

久保亜斗夢さんに送る雅歌

久保亜斗夢さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か。煙の柱が近づいて来るかのよう。それは隊商のもたらすさまざまな香料
ミルラや乳香をたく煙。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

キシュ啓示

者がなくなる。さきに出た。主の威光を仰ぐことをしてくださるかもしれない、あるいは敵を恐れさせるためであるならば、火が天からあなたの家来となる。あるいは、いえるかも知れないので、わたしがだれ、わたしのもろもろの聖なる供え物で、わたしに呼ばわって救われ、穏やかに彼に語ることは、願わしいことだ」。家来のひとりが来て彼を撃ち殺して、その残った二万七千四百六十七人の者はだれであるか見てきて彼らに仕えた所はことごとく荒れ、その祭司に、その若者たちの所をまくって、そこは今日までアブサロムの碑と、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる