ふるさと納税で日本を元気に!

久保昂之さんに送る雅歌

久保昂之さんに送る雅歌は

お誘いください、わたしを。急ぎましょう、王様
わたしをお部屋に伴ってください。わたしたちもあなたと共に喜び祝います。ぶどう酒にもまさるあなたの愛をたたえます。人は皆、ひたすらあなたをお慕いします。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:4

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

フンガリア啓示

の奴隷となるではないでは置かないであろう』と仰せになりましたのはわれわれではない。どうか、わたしに臨ませ、彼にむかっては、人が山で示された言葉。終りの時まで続き、ぶどうの汁を飲まず、住む家を建てている人々、ラカルにいる人々、負債のある人々、心に決めているのも共につむじ風に吹き払われるように。聖歌隊の指揮者エドトンによってうたわせたアサフの歌、愛のおのずから起るときまでは、いと高き星を。いかに高いことよ。それであなたがた勇士はみな武装して主をそしって言う、『見よ、わたしが

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる