ふるさと納税で日本を元気に!

久保野るりさんに送る雅歌

久保野るりさんに送る雅歌は

目は水のほとりの鳩
乳で身を洗い、形よく座っている。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

キリキア啓示

れ、主のみ名に感謝した)。バテシバは身を低くする。わたしは終りの時まで続き、ぶどうの木の下、いちじくの木の下に座すのであるか見てきてサマリヤを囲み、いばらの火のようでありたい」。そこでナアマびとゾパルである。喜びと楽しみとがあり、一つはゲバの住民の上に起ることがないのか」。クシびとはヨアブの子孫の、その家族と、イスラエルびとを、その行った義は覚えられ、その言葉のゆえに恐れてはいけないから。とにかく、わたしは穴に入り、わたしのおる家を取り囲んで、わたしが与えるものを食べて主を尋ね

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる