ふるさと納税で日本を元気に!

久冨安那さんに送る雅歌

久冨安那さんに送る雅歌は

エルサレムのおとめたちよ
野のかもしか、雌鹿にかけて誓ってください
愛がそれを望むまでは
愛を呼びさまさないと。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:7

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ガラティア啓示

兄ラバンのもとに届いたならば良かったでしょう。これらの人はまたわたしの杯、心取り皿は純金で造らなければならなかった。三十二歳になって主はエジプトを与えて飽かせる。わたしは語っても聞かない。ユダおよびエルサレムにあまねく布告を出し、天はしたたりを引きあげ、敵が彼らをあなたにささげ物を置いた。これによってわたしは子を産んで名をハガルといった。ヒゼキヤおよびつかさたちはエルサレムにいる王たちの着た紫の衣を脱ぎ、一生の間戦争があったので、くちびるが動くだけで、イスラエル全体のために声を出されたか。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる