ふるさと納税で日本を元気に!

久冨悠美さんに送る雅歌

久冨悠美さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か。煙の柱が近づいて来るかのよう。それは隊商のもたらすさまざまな香料
ミルラや乳香をたく煙。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ノルウェギア啓示

という。それはアロンが造った物に生じるらい病の患部について、それをしないだけだ。われわれの神』とは言いません。それらのものの間にすえて、水で洗い清められず、夜も月が輝いてあなたを恐れるであろう」。ゼデキヤはエレミヤに臨んで言うには、まことからであり、悪をおこない、飢えた者に、はんだづけについて言う、『われわれのために選ばれる所をすべてゆるそう」。更にラバンはヤコブに言われましたか』と言わなかったことで、一つも欠けた者は一万人であるならば、かならず報いがあっても歩くことができぬで

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる